ホットヨガのメガネ汗対策まとめ!曇る滑る・コンタクトにする?を解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓お近くの店舗検索・体験レッスンのお申込みはこちらから↓

ホットヨガに通ってみようかなーと思っている方で、視力の悪い方が気になるのが「眼鏡でいいの?」「コンタクトでも大丈夫?」ということではないでしょうか?

すでに通っている方でも、眼鏡じゃ不便だと感じている方もいらっしゃるでしょうし、普段はコンタクトの方でも、たとえば花粉症の時期などはコンタクトを装着したくなかったりして眼鏡でうけようかな、なんて思うこともあるでしょう。

わたしも、実際視力、めちゃくちゃ悪いです。

眼鏡やコンタクトがなければ、全然見えません。

ぼやっとしていてもどうにかなる、というようなレベルではありません。

ここでは、わたしの経験や、実際に通っている他の方の様子などもふまえて、視力が悪い方がホットヨガを快適に楽しむための眼鏡対策などについてお伝えしていきます。

ホットヨガはメガネとコンタクトどっちがいいの?

ホットヨガはメガネでもコンタクトでも本人さえよければ問題はありません。

よく、岩盤浴やサウナなどでは「メガネをかけたままではダメです」「コンタクトをしたまま入らないでください」などという注意書きがあったりもしますが、ホットヨガのスタジオでそういう規制はありません

暑いとはいえ、ホットヨガの設定温度は40度前後ですから、メガネやコンタクトが熱でダメになってしまうような温度ではありませんのでご安心ください。

ただ、汗をかきますから、メガネはとくに、汗がレンズやフレームについたままの状態でケアもしないままだと劣化する可能性はあります。

メガネとコンタクトどっちが多い?

実際に通っていての実感としては、圧倒的にメガネで受けている人は少ないです。

インストラクターさんはコンタクトレンズの方ばかりで、わたし自身の経験では、いつもメガネでレッスンをしているインストラクターさんは知りません。

ただ、「コンタクトの調子が悪い」ときなど限定で、メガネでレッスンをしていたインストラクターさんは数名見たことがあります。

通っている方の中には、メガネの方は少ないとはいえ、いらっしゃいます。

わたしの感覚的なものになりますが、このメガネで受けられている方は、いつもメガネでレッスンを受けておられる方という印象です。

そして、メガネで受けておられる人の中でも

  • スタジオまではメガネだけどレッスン中はずっと外している人
  • スタジオ内でもかけっぱなしの人

がいます。

ホットヨガをメガネで受けるデメリット

1.レンズが曇る

まず、一番大きなデメリットは、曇ること。

曇りどめ対策をしていないレンズの場合、ホットヨガスタジオに入ると、一瞬でメガネのレンズが曇ります。

拭けば大丈夫ですが、レッスンが始まり、よりスタジオ内の温度や湿度があがったり、自分の体温が上がったりすることで、レッスン中にも曇ることもあります。

2.汗ですべってずれる・落ちる

レッスン中、汗が大量に吹き出ますので、メガネがずれやすくなります。

メガネのタイプや、もともとのメガネの調整にもよりますが、前屈姿勢になったりするときに、ツルの部分の調整を緩めにしている人はメガネが下にスコンと落ちてしまう方もいるかもしれません。

メガネを購入してから日にちがたっていて、ツルがゆるくなっている場合は、一度メガネ屋さんで調整してもらうといいでしょう。(基本的にその場で無料でしてくれます)

3.汗の水滴がレンズについて邪魔、見にくい

レッスンの後半になるととくに、レンズに汗の水滴がついて、視界を遮ることがあります。

気になって集中できないという人もいるかもしれません。

4.うつ伏せになるときに外さないといけない

ポーズによっては、うつ伏せになり力を抜いて顔を床(マットやタオル)につけてしまうようなものもあります。

メガネですと、このとき邪魔になるので、外す必要があります。

加減するとそのままでもOKかもしれませんが、メガネに気を使ってうつぶせになると、変なところに力がはいったりもしますからあまりよくないかもしれません。

ホットヨガをコンタクトレンズで受けるデメリット

コンタクトレンスのほうがおすすめです、と説明はしましたが、デメリットも紹介しておきます。

1.汗が目に入ったときにずれる

わたしの経験上は、汗が目に入ることは多々ありますが、そのことでコンタクトがずれたりしたことはありません。

ただ、可能性はあると思います。

わたしはソフトレンズですがハードレンズの方はとくに、ずれたりしやすいので気をつけたほうがいいかもしれませんね。

2.目が乾燥する

カルドは加湿器もつかっているので、目も肌も乾燥を感じることはありません。

ただ、ホットヨガスタジオによっては、ヒーターだけで環境をつくっているところもあります。

そういう場合は、どうしても空気が乾燥してしまうので、場合によっては目も乾燥してしまいます。

普段ドライアイで、エアコンがガンガンの環境で目がツライことのある方は、ヒーターのみのホットヨガスタジオだと乾燥してしまう可能性もあります。

また、瞑想やシャバアーサナでコンタクトをつけたまま、目をつぶるのが嫌な方は不快かもしれません。

ホットヨガをコンタクトで快適に楽しむ対策

  • ヒーターのみならず、加湿器も使っているホットヨガスタジオを選ぶ
  • コンタクトレンズはソフトレンズをつかう

基本的に、コンタクトレンズであれば、快適にレッスンを受けることができます。

ただ、普段メガネで生活をしている方で、ホットヨガをするために、コンタクトにチャレンジしようかなと思っている方がいらっしゃるなら

  • ワンデータイプの使い捨てコンタクトレンズ(ソフト)をつかう

ことをおすすめします。

ワンデータイプは単純に割高にはなりますが、手入れが楽ですし、たまにしかつかわないのであればなおさらおすすめです。

ただし、コンタクトレンズも慣れないとしんどい場合があります。

慣れないコンタクトでストレスを感じるのであれば、メガネのほうがいい場合もあります

ホットヨガをメガネで快適に楽しむ対策

1.曇りどめ対策をする

レンズがたびたび曇ると拭くのが手間ですよね。

レッスン前に曇りどめを塗っておきましょう。

普通の眼鏡のレンズの場合、初回は2度3度くらい塗っては乾かしてを繰り返しておくほうが効き目がいいようです。


AXE ( アックス ) 超強力曇り止め液 (くもりどめ) スキー,スノボー, AX-24,ゴーグル に1滴つけて付属のクロスで拭くだけ♪ 長時間クリアな視界 ☆【ウィンターアクセサリー】

2.メガネケースとメガネ拭きを持参する

案外、眼鏡ケースを持参している人が少ないんですよね…

行き帰りもメガネだからケースはいらないって本人が思っていても、メガネをレッスン中に外すこともあることを考えるとメガネケースは持参することをおすすめします。

ケースはハードタイプで、汗がしみこまない素材のものを選びましょう。

ホットヨガ用に安いケースを購入して使い倒すのでもいいと思います。

ケースを持参する目的は、

  • 目が悪い人でも、メガネをどこに置いたかわからなくならないように
  • まわりの人が踏んでしまったり蹴ってしまったりするのを防ぐ
  • メガネケースの中にメガネ拭きを入れておくと、メガネのレンズをいつでも拭ける

です。

わたしは視力がとても悪いので、メガネを外すと、自分のメガネがどこにあるのかわからなくなります。

そういう人でも、ケースに入れるとわからなくなりません。

いちいちケースに入れるのを手間と思うかもしれませんが、慣れてしまえば便利ですよ。

また、メガネをそのままマットのはしっこあたりに置く人がいますが、コレ実は危険。

混み合うレッスンだと、隣や前後の人との距離が近いですよね?

悪気がなくても、足があたったりすることもあるんです。

それに、インストラクターさんによっては、レッスン中に、生徒の間を歩いてポーズを見てまわってくれたりもしますよね。

そういうときに、インストラクターさんも悪気はなくてもメガネにあたってしまうかもしれません。

自分のためだけでなく、人のためにも、メガネケースはあったほうがいいです。

最悪の場合、踏んでしまうとメガネが破損しちゃいますよ。

そしてケースの中にはメガネ拭きを入れておきましょうね。

フェイスタオルやティッシュでメガネのレンズを拭く人もいますが、レンズにとってよくありません。

汗がついてしまったり、曇ったりしたら、メガネ拭きでふきましょう。

メガネ拭きも洗濯すれば問題なしですし、面倒であれば、使い捨てタイプのものをつかってもいいですね。

メガネケースやメガネ拭きは100円ショップでも手に入りますよ。


パール サングラス メガネケース ハード タイプ ホワイト SP-27CL


メガネクリーナふきふき 眼鏡拭きシート(個包装タイプ) 40包

メガネがずれないようにする

普段は何の問題もないメガネでも汗をかいたらずれてしまいます。

ダウンドックや太陽礼拝の多いレッスンだとなおさら気になりますね。

ツルの部分をきつくすることもできますが、そうすると、普段頭が痛く感じる場合もあります。

そういう人におすすめなのが、メガネバンド

商品によっては、バンドの部分がとても太くて、目立つので、つけるのがはずかしいと思う方もいらっしゃるのはとてもわかるのですが、こちらの商品は、わりとシンプルで目立ちにくいので女性にもおすすめです。

ホットヨガ以外で、ジムで走る方や、ボクササイズなどをされる方でも、安定するので快適になりますよ。


【メール便送料無料】スポーツメガネバンド【Fitch】フィッチ/メガネやサングラスがズレてしまってお困りのあなたへ!!メガネやサングラスをつけての作業や運動に最適のスポーツメガネバンド!!★安心・安全・信頼の日本製!!★

メガネもコンタクトもなしでもOK

いろいろと説明をしてきましたが、ヨガ初心者ではない場合は、メガネもコンタクトもなしでもOKです。

もちろん、店舗内の移動で、見えないのは不便ですが、レッスン中は、ヨガは自分自身を見つめるものですから、他人が見える必要がないのです。

ヨガ初心者で、口頭でのポーズ説明だけではわからない方であれば、インストラクターさんが見える必要がありますし、鏡の自分を見ることができないとポーズが定まらないなどあるため、メガネやコンタクトは必須です。

しかし。そこそこ経験者で、メガネやコンタクトがなくてもポーズがとれるなら見えなくても問題なし。

むしろ、視界がはっきりしない状態のほうが、自分自身と向き合えたり、心が空っぽになるかもしれません

まとめ

視力が悪い方が快適にホットヨガをするための対策をまとめてみました。

わたしは普段コンタクトですが、メガネでうけたことも何度かあります。

個人的には、メガネでもコンタクトでも、慣れていれば問題ないと思います。

どちらも一長一短です。

ヨガは、気持ちも体もリラックスすることが一番ですから、メガネであれコンタクトであれ、自分がストレスを感じたり、不快だと思うようであれば、対策をしたほうがいいですね。

↓お近くの店舗検索・体験レッスンのお申込みはこちらから↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。