ホットヨガの下着事情!ブラやパンツのおすすめは?ブラトップだけでもOK?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓お近くの店舗検索・体験レッスンのお申込みはこちらから↓

ホットヨガに通ってみようかなと思ったときに気になるのは、通うために必要なもの。

その中でも、服装などは気になるところですね。

ここでは、女性がホットヨガをするときに下着はどうするのが正解なのか、経験も含めてお伝えしていきます。

ホットヨガのときのウェアは?

ホットヨガのときの下着はどうすればいい?

ホットヨガにかぎらず、ヨガをするときは、体に余計な締め付けはないほうがいいです。

裸でしてもいいくらいのものだとインストラクターさんから聞いたこともあります。

とにかくリラックスすることができる服装というのが大事。

下着に関しても、ポイントは同じで、楽なもの、というのが大前提になります。

ブラジャーはどうすればいい?

まず、普段日常生活でつけているようなブラジャーはNGです。

ではどういうものをつければいいかというと、スポーツブラです。

でも、ヨガのウェアには、カップ付きのものも多く、カップ付きのウェアを選ぶのであれば、ブラジャーは必要ありません。

カップ付きのヨガウェアでなくても、ユニクロなどで販売されているブラキャミやカップ付きタンクトップ、TシャツでももちろんOKです。

by カエレバ

by カエレバ

スポーツブラはどういうものがいいの?ブラトップだけもOK?

カップなしのTシャツやタンクトップを着用するのであれば、スポーツブラが必要です。

ヨガをするだけであれば、スポーツブラにはとくにこだわる必要はありません。

着心地が楽であればなんでもOKです。

走ったり、激しい運動をする場合は、スポーツブラの中でも「揺れない」ことにこだわったものを選ぶ必要がありますが、ヨガのみであれば、ホールド巻はそこまで必要はありませんから、言ってしまえば、安いものでもかまいません。

機能よりもトップスとの色のコーディネートなど楽しむといいですよ。

また、お腹が見えていてもはずかしくないという方は、ブラトップのみで上にタンクトップなどを着なくてもOKですよ。

ブラトップだけですと洗濯物もすくなくてすみますね♪

by カエレバ

by カエレバ

パンツはどういうものを選べばいいの?

ここで言うパンツはズボンではなく、下着のパンツのことです。

パンツはこうでなくてはいけないというのはほぼありません。

しかし、ホットヨガ中はとっても汗をかきます。

ですので、洗濯をするとしても、普段用のパンツとホットヨガのときのパンツは分けるほうがいいでしょう。

決まりではないけれど、こういうところに気をつけたほうがいいというポイントをピックアップすると

  • ウェアにひびかないこと
  • さらっとした素材で汗をかいても乾きやすい素材

があります。

レギンスタイプのウェアを着用している人はとくに、下着のラインがくっきりしがちです。

レギンスタイプのウェアではないから大丈夫だろうと思っていても注意。

やわらかい素材のサルエルパンツなどであれば、同じように下着のラインは響きます。

普通に立っているだけではラインはひびかなくても、ヨガで四つ這いになったり、立ったまま前屈姿勢になったりしたときに下着ラインは案外くっきりしてしまいます。

飾りなどがあまりついておらず、ひびきにくい下着を着用するほうがおすすめです。

個人的にはソングタイプを愛用していますが、着替えのときに、更衣室でソングをはいたおしりを見せてしまうことになるので、恥ずかしいと思う方にはおすすめできません。

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

まとめ

ホットヨガのときの下着についてお伝えしてきました。

体験レッスンのときは、普段履きのパンツとブラトップ(ユニクロなどで安く、ヨガに通わなくなった場合でも部屋着でつかえるような)でも十分ですよ。

カルドの場合、手ぶらで体験入店ができる、ウェアなども一式レンタルがついているプランがありますが、この場合のレンタルウェアはカップ付きのものではありません。

黒なので、透けたりはしませんが、ノーブラでは気になる人もいると思いますので、その場合は、お手持ちのスポーツブラか、ブラトップなどを持参することをおすすめします。

関連記事

↓お近くの店舗検索・体験レッスンのお申込みはこちらから↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。